TOP

  • リザルツとは

icon-calendar Whats NEW!!

  • 「東京栄養サミット2020」は今年12月から来年12月に、延期になりましたが、世界中の人々の栄養改善のために、あらゆるステークホルダーにコミットメントを表明するように呼びかけますj。
     コミットメントについての作成ガイドは以下になります。
    ・東京栄養サミット2020 コミットメント作成ガイド(日本語)
    誰一人取り残さない 日本の栄養政策のとりまとめは以下になります。
     
  • 2020年7月13日(月)に「GGG+フォーラム東京:思いやりサミット2020」を開催!

    コロナ禍で参加者の人数を制限するものの、参加者の半数を学生とし、学生と国会議員・政府高官等との対話を推進。会場:ルポール麹町2階ロイヤルクリスタル。  

  • 日本リザルツのこれまでの活動議事録集の概要一覧を公開しました。こちらから議事録集の購入お申込みも出来ます

  • 日本リザルツ長坂(ケニア駐在)によるケニア国内の窮状を訴える声が2020年5月1日付朝日新聞【私の視点】に掲載されました。こちらから

  • NGOサンキューセミナー「薬剤耐性(AMR)対策アクションプランのその先に」の議事録が完成しました。講師は大曲貴夫先生でした。こちらから

  • 「オールジャパンで未曽有の危機を救え!ワクチン開発パートナシップ発足へ」と題してワクチンや治療薬開発のために公的資金の援助を嘆願するペーパーを作成しました。こちら
  • ケニアとその周辺の国の新型コロナウイルス対策について取りまとめた「リザルツ新聞号外」を作成しました。こちらをご覧ください。
  • 「国際母子栄養改善議員連盟」(2020年3月4日開催)の議事録が完成しました!ダウンロードはこちらから→ 日本語版 英語版
  • 2020年3月27日(金)にNGOサンキューセミナー「薬剤耐性(AMR)対策アクションプランのその先に」を開催します。詳しくはこちら
  • 日本リザルツ梅木による国際連帯税の解説に関する提案記事が、2019年124日付の朝日新聞ー声ーに掲載されました。詳しくはこちら
  • 日本リザルツ長坂によるアフリカの栄養改善に関する記事が、2019年116日付の日本経済新聞(26面)に掲載されました。詳しくはこちら

【お知らせ】

受付終了のお知らせ(使わなくなった靴のご寄付)

今まで、日本リザルツでは使わなくなった靴のご寄付を皆様から募って参りました。これまでにご寄付をいただいた靴はケニア国においてスナノミ症の防止に役立てられています。また、この事により、日本においてスナノミ症の認知度も上がって参りました。

さて、現在、日本リザルツでは3月3日を国連「世界スナノミの日」にしようという活動を行っています。このようにすることで、靴を支援するよりも、より多くの人々を裨益させることができます。このような理由により、現在、使わなくなった靴のご寄付は受け付けておりません。

皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げますとともに、今後も引き続き日本リザルツにお力添えを願えますと幸いでございます。

貧困問題の解決を目指すアドボカシー(政策提言)型の国際市民グループ(NGO)